SOULSTREET vol.110

【FUNKSTYLE 1on1 BATTLE JUDGE総評】

_DSC8152.jpg.jpg

■calin

バトルの一戦一戦がとても濃密でした。

メンツが濃かったのはもちろんですが、初めて見る方たちの一振り一ステップからも気迫を感じました。

Funk Style、Funk Musicという縛りがありながらも、多様なリズムやスタイルを踊り魅せてくれたWapperさんとKarim君はやはり流石でした。。

 

若い子たちのレベルが高く、色んなテクニックを織り交ぜながらバランスの良い1ラウンドを見せてくれた気がして、だけどそれが遊び心ではなく機械的に見えてしまう時があったのが少し勿体無いと感じました。

 

深く聴いて楽しめる音楽だからこそ、音楽と溶け込み慣れている大人の踊りにはとても魅力を感じました。

 

願わくばもっとWaackerが居て、他ジャンルとダンスの交流を深めてほしいなと思いました。




 

 

■TOSHI

 

個人的にカリムvsタラのバトルが、ダンスバトルの理想系なんじゃないかって思わせてくれる最高のバトルでした。

 

「バトルなんだから戦う姿勢を見せないと」とか、バトルに対して様々な考え方があるとは思いますが、僕が思うダンスバトルというのは「音楽をシェアしあう遊び」だと思っています。

 

カリムとタラはまさにそれで、一つの音楽を2人でシェアし、息がピッタリとあったダンスの掛け合いがあり、ただただ音楽を聴いて互いに楽しんでいる。

 

バチバチのバトルももちろん面白いのですが、僕はこうやって楽しくセッションしてるかのうようなダンスバトルを見るのが大好きです。

 

そして優勝に輝いたワッパーさん。

若手からベテランまで出場していた今回のバトルでしたが、圧倒的なダンスの厚みを見せつけていて、本当に勉強になりました。優勝おめでとうございます!

 

時には若手がベテランを下剋上したり、ベテランが若手を蹴散らしたり、熱いドラマが見れるバトルは本当に見ていて楽しいです。

 

今回、ジャッジとショーケースの機会を下さって本当にありがとうございました。

 

ソウルストリートのすべての関係者様にお礼を申し上げます!




 

 

■SETO

 

今回、FUNK STYLEという事でFUNK好きな色々なジャンルの方々がバトルエントリーされてて、内容の濃い大会になってたと思います。

優勝したWAPPER は流石でした。色々な音楽に対してのアプローチが豊富で色々なジャンルのダンスを踊りこなして本当にカッコよかったですね。

 

みんな予選からレベルの高いパフォーマンスで審査も大変でしたが、メンツが濃くて凄く楽しかったですね。

 

印象に残ってるバトルは

唯一自分がドローを出した

すずきゆうすけvs Chris Ackeyですかね。

お互いのダンスが最高で、

本当に甲乙つけ難いめちゃくちゃいいバトルでした👏👏👏

なので思わずもう1ターン見ないと決めれないと思ってドロー出させてもらいました。

 

後は

Karim vs Tara

ですかね〜

ここは本当に2人がノリで遊んでる感じで、お互いのgrooveの出し合いでpeaceful なbattleでめっちゃ好きでした。

 

みんな凄くいい踊りしてて、

沢山刺激を受けさせてもらいました。

 

ありがとうございました。